口臭予防できる歯磨き粉には、なたまめ歯磨き、柿渋歯磨き、薬用歯磨きなどいくつもの種類があります

そして普通の歯磨き粉と違う点がこちら
柿渋歯磨きやなた豆歯磨きは、

  • 発泡剤がたくさん入っていない
  • ピリピリする化学薬品が入っていない
  • 自然由来の成分だけを使っている

この自然由来の歯磨き粉にどのようなメリット・デメリットがあるのかを見る前に、
どうして口臭が出るのか、口臭の原因を知っておきましょう。

というのは、原因がわからないことには適切な対策方法がわからないからです。

口臭の原因とは

口臭予防歯磨き粉

 

糖尿病があったり肝臓が悪いと口臭がする、といわれますが、内臓の病気で口臭がする時は独特な臭いがするので過半別できます。

多くの方の口臭の原因は「口の中」にあります。

食後すぐに歯磨きをしないとどうして口が臭くなるのでしょうか。
それは、食べかすがエサになって細菌が繁殖してしまうからです。
そしてこびりついて歯磨きでは取れない硬い歯垢になってしまいます。
このままにしておくと、細菌が唾液に含まれるカルシウムを吸着し歯医者にいかないと取れない歯石へになってしまいます。
食べかすから歯垢になるまで何日かかるかというと、なんと2日間いう短さです。
だから毎食後のハミガキが大事なのです。
歯石や歯垢は口臭の原因になります。
気をつけていてもやはり磨きにくいところは歯石ができてしまいます。歯石を溜めないためには半年に1回程度は歯医者に行って、石を除去してもらうことが大切です。

ハミガキをきちんとしないとこんな原因で口臭に・・

  • 歯石・歯垢
  • 舌苔(白っぽい舌)
  • 虫歯
  • 歯周病

どれもひどくなると、排水溝の生ぐさい臭いや硫黄臭のような悪臭のもとになります。

虫歯はなぜ臭い?
口の中には常に細菌がうようよしています。
食べかすがあるとそれをエサにして分解し酸を出します。虫歯菌が直接歯に穴を開けるのではなく、この酸が歯のエナメル質を溶かしてしまうのです。

虫歯があると硫黄のようなにおいがします。ゆで卵が臭ったような臭いです。
もっとひどい虫歯になると強い口臭になります。
歯磨きは大切ですが、歯磨きだけで口の汚れが取れると思ったら大間違い!ブラシの入らない歯と歯の間や奥歯の裏に食べかすがたまります。毎食後ブラッシング、そして面倒ですが、数日に1度は歯間歯ブラシやフロスなどで汚れを取りたいものです。

そして意外と気にかけていないのが舌の汚れ。
あなたの舌は白くなっていませんか?
この白いのはよごれで、食べ物のかすが腐ったイヤな臭いがします。
口中の細胞や、新陳代謝で剥がれた上皮細胞などが舌の上にくっついています。
特に舌の奥の方が磨きにくく真っ白になっています。
爪楊枝を横に寝かせてなでるように動かすと取れますので、ぜひ鏡の前で取ってみて臭いを嗅いでみてください。
いくら歯を磨いても、ここに汚れが残っていると息がくさいままです。

舌苔が多くなればなるほど口臭は発生しやすくなります。
やり過ぎると舌に傷がつくのでいけませんが、毎日1回はやさしく舌ブラシで掃除をすることが口臭予防になります。

原因がわかったところで、口臭予防歯磨き粉をひとつひとつ見ていきましょう。

口臭予防歯磨きにはどんなものがある?

なた豆歯磨き

まず一番有名な「なたまめ歯磨き」
なた豆歯磨き粉は、あの大きな豆「なた豆」が入っています。
どうしてなた豆は口臭にいいと言われるのでしょうか。

それは、カナバニンという特有の成分が入っているためです。
カナバニンは歯茎の炎症や血行不良によい成分です。

それでなた豆は、昔から口のトラブルに使われてきてきました。

柿渋歯磨き

柿渋といえば、加齢臭の原因になる「ノネナール」を洗い落とす柿渋石鹸を思い浮かべますが、実は歯茎にとっても良い成分です。

タンニンという名前を聞いたことのある方は多いと思います。
お茶などに含まれている抗酸化作用のある成分です。

柿には「カキタンニン」という成分が入っていて、弱った歯茎を元気にしてくれると言われています。

そして柿渋・なたまめ歯磨きの両方にいえることなのですが、普通の歯磨きと大きく違うところがあります。

普通の歯磨き粉との違い

それは、天然素材を使っているところ

普通の歯磨きは、ラウリル硫酸ナトリウムなど化学薬品でできています。
口に入れると、シュワッとしみて、舌がピリピリします。
そして強い発泡剤を使っているので磨くとすぐに泡が立ちます。

殺菌作用がとても強いというメリットがあるのですが、舌がピリピリして長くは磨けません。
そして、泡が良く立ってしまうので磨けたと勘違いして、数分で歯磨きを終わらせてしまうというデメリットがあります。

特に、口臭の原因となる、舌の汚れ(舌苔)を落とすとき、普通の歯磨き粉ではピリピリしすぎてじっくり磨けません。

なた豆歯みがき粉を使った方が良い方

普通の歯磨きを使ったほうがいい方
タバコ臭い、ニンニク臭いなど口は健康で臭いがついてしまった方は、普通の歯磨き粉のほうがよいかもしれません。
というのは普通の歯磨き粉は強いミントの香りがついていて、タバコ臭などをマスキング(隠してくれる)からです。

反対に、

  • 歯肉炎や歯槽膿漏など口の状態が悪くて口臭がする
  • ドライマウスで口が乾いて口臭がする

口の病気が原因で口臭が起きている方は、口の環境を整えてくれる「なた豆歯磨き」でしっかり口臭予防しましょう。