股の臭いは恥垢の臭いが原因だった?その解消方法とは

エクリン腺の汗をかくと皮膚が酸性になる
エクリン腺の汗をかいた直後は皮膚が酸性になります。
酸性であると悪玉菌が繁殖しにくくエクリン腺の汗をかけば雑菌が繁殖しにくく臭いの解消に良いということがいえます。
良い汗をかくというのはこのエクリン腺の汗をかくことです。

アポクリン腺の汗
エクリン腺と同じアポクリン腺は分布されている場所が限定的です。
例えば脇の下はもちろんですが、それ以外にも場所があっておへその周りが胸乳首のところ性器や肛門周りなどにアポクリン腺の感染はあります。

アポクリン腺は生まれた時は小さいです。
ですが、成長と共に大きくなっていきます。思春期の頃にアポクリン腺を大きくなりいくらくらいの大きさになっています。アポクリン腺の汗に重畳的なのは水以外の物質を多く含んでいることです。

それでそれはアポクリン腺にそれはアポクリン腺汗にタンパク質や脂質や糖質などのような栄養分が大量に含まれているから

このアポクリン腺から出る汗は粘り気があります。この汗は栄養分が豊富なので皮膚の常在菌がふわっと増えてしまい発酵臭のような臭いがしてこれがワキガ臭といわれるのです。

皮脂腺の股の臭い

とアポクリン腺だけに目が行きやすいですが、皮脂腺から出る分泌物にも注目する必要があります。

皮脂腺はどこにあるんでしょうか。皮脂腺は身体全体に分布しています。
なぜ皮脂腺が体に分布しているかというと一緒柔らかくと思ってくれるからです。

皮脂腺からは皮脂が出て汗が出ることはありませんが
油っぽい生存が出るためアポクリン腺と混ざると強い股の臭いを発します。

皮脂腺からの分泌物は職業食物によっても大きく変化します。
というのは皮脂腺の動きは動物性の脂肪をたくさんとると活発になるからです。

恥垢がたまり股がくさくなる

肉をたくさん食べ過ぎると股が臭くなるというのは皮脂腺を活発に動かし恥垢がたまるからです。
更にワキガの方が肉類をたくさん食べるとアポクリン腺の汗と加えて
皮脂腺の皮脂を分泌され臭いがより股のにおいが強力になります。

股の臭いの原因

エクリン腺の汗ほとんどが水でできています。
しかしナトリウムやカリウムなどの血液の中の成分や股の臭いの原因になる成分も少しばかり含まれています。

この中に入っている中で重炭酸イオンというのは汗をアルカリ性にしてしまい匂いを出してしまいます。それ以外に美容ですがアンモニアやイソ吉草酸などの脂肪酸を含まれています。
これは股のくさい臭いなどの原因である物質としてよく知られています。

エクリン腺汗をかく3つの原因
エクリン腺の汗はエクリン腺が全身に分布しているため全身から出る汗だと紹介してきました。それではいく人生の汗が出るのはどういうタイミングなのかそれについて紹介したいと思います。

役立つホームページを紹介します

オリモノ臭い.com

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ